就職の際の履歴書の書き方

就職の際の履歴書の書き方

履歴書の内容で面接までいけるのかは看護師の転職も同じです

コンサルタントにしっかりとした履歴書の書き方を学びましょう。

求人に応募する際に必要となる履歴書ですが、これは看護師さんに限らず、
作ることの苦手な方が多いのではないでしょうか。
一箇所でも書き損じれば書き直しが必要で字も読みやすく丁寧に書くことが求められるため、
特に字を書くのが苦手な方には苦痛な作業でしょう。

しかし、コツがわかっていれば無駄な作業を減らすことができるでしょうから、
その要領をご紹介してみましょう。

まず、印鑑を押す作業についてですが、意外と失敗が多いのがこの工程です。
押し間違えてしまったり、
しっかり押せていなくて陰影が薄い場合が代表的な失敗例と言えます。
このようなミスをすべての項目を書き終えた後でしてしまうと、
一枚の履歴書全体を書きなおさなくてはならなくなります。
書き直しの量を減らすためにも、印鑑を最初に押しておくことをおすすめします。

また、日付欄にいつの日付を書けばいいのか悩む方もおられるようですが、
この日付は提出の方法によって書くべき日付が定められていることをご存知でしょうか。

郵送によって提出する場合は、ポストに投函する日付、
直接持参する場合は、持参する日付を書くものと決められています。

間違っても、書いた日付ではありませんので注意してください。

他にもわかりにくい部分は多いかと思いますが、
少しでも迷うようなら看護師転職サポート会社に支援を求めてみるといいでしょう。

簡単な登録だけで利用することができますし、転職の専門家が揃っていますから正しい情報を提供してくれます。