看護師としての治験関係のお仕事とは

看護師としての治験関係のお仕事とは

治験関係では看護師業務以外の仕事もします

治験関係では幅広い業務をすることになります

看護師さんであれば、治験関係でも看護師さんの需要があることはよくご存知のことと思います。

医療行為と呼べるような業務に当たることはほとんど無く
むしろ社会人としてのマナーやメールなどのパソコンスキルなどビジネスに関する技量が問われる、
看護師さんとしては特殊なお仕事です。

具体的にどのような仕事になるのか、紹介してみたいと思います。

 
臨床開発モニターと治験コーディネーター

臨床開発モニターは、治験にあたっては薬品を開発した製薬企業の側で活動することになります。
主に、実施計画書や法律などを正しく守って治験が行われているか、
監視することを担当していて、進捗状況のモニタリングを実施したり、データの回収をすることにも携わります。

また治験を担当する医療機関や、その医師について適切な選定がされているかなどの、事前調査も需要な業務の一つです。

治験コーディネーターは、逆に病院などの医療機関側にたって、
スタッフや被験者、依頼者などとの調整役を果たす仕事です。

被験者への内容説明や、担当医師のサポートなどもこなすことが必要です。
人と人の間をつなぐ大切な役割で、コミュニケーションスキルを強く求められる傾向があります。

 

治験関係の看護師求人は、夜勤がほとんどなく、
患者さんの生死に直接関わる仕事ではないため、ママ看護師さんたちにも非常に人気のある求人です。

そのため、一般に出回ったとしても、応募者が多すぎて、なかなか採用されることは難しいと思われます。
看護師転職サポート会社などに登録して、求職活動を行うことが効率的に就職を決めるためのコツでしょう。